宣伝効果の高いCMソングの特徴について

CMソングを作って宣伝しよう

>

明るい曲調のCMソングがおすすめ

ポジティブな曲にしよう

CMソングを作る時は、ただお客さんの印象に残ればいいわけではありません。
ポジティブなイメージを持たせて、企業を好きになってもらうことを心がけてください。
悲しい曲調のCMソングでは、商品を購入したり、お店を利用したいという気持ちにはならなくなります。
宣伝効果がある他のCMソングを聴くと、どれも明るい曲調になっていることに気づきます。

明るいイメージがあれば、お客さんは商品や企業を好きになってくれるでしょう。
楽しい気分になるCMソングを作ってください。
テンポがいい曲だと、明るくなりやすいです。
前向きな歌詞を取り入れるのも、おすすめの方法です。
商品の売り上げを高めたり、イメージをよくすることを目標にしましょう。

癒される曲でもいい

ゆったりした曲は、悲しくなることが多いので気をつけてください。
ですが、癒しの効果を持っていると言われます。
暗くならないよう注意して、ゆったりとした明るい曲を作ってください。
お酒の宣伝など、大人向けのCMソングを作る時はゆったりとした、癒される曲調がおすすめだと言われています。
宣伝する商品が、誰向けなのか考えてください。

年齢層が低い場合はテンポがよくて明るい曲、大人に向けて作るCMソングはゆったりした曲がいいなど、それぞれの年齢層に合わせてふさわしい曲があります。
子供向けの商品を宣伝する時に、ゆったりとした静かなCMソングを作っても、子供は興味を持ってくれません。
年齢層に合わせることは、とても大事なことです。


この記事をシェアする
TOPへもどる