宣伝効果の高いCMソングの特徴について

CMソングを作って宣伝しよう

>

効果的なCMソングとは

曲調を工夫するといい

スピード感がある曲はかっこいいと感じるので、お客さんの印象に残ります。
早口で歌うのも、すごいと思われるので注目してCMを見てくれるでしょう。
またゆったりとした曲調でも、興味を持たれやすいので宣伝効果を得られます。
テレビでCMを流して宣伝するのは、売り上げを高めるのにおすすめの方法です。
しかし普通の曲を流しても、お客さんは見逃がしてしまいます。

インパクトを与えれば、お客さんはしっかり見てくれますし心に残ります。
お店で商品を見た時に、CMソングを思い出して購入してくれるかもしれません。
またCMソングを作るとテレビだけでなく、お店でも流してくれることがあります。
お店でも流してもらえば、さらに印象に残せるでしょう。

歌声に特徴のある人を起用する

誰にCMソング歌ってもらうのか考えてください。
高い音域まで声を出せる人を起用する場合は、それに合わせて高音域のCMソングを作るのがおすすめです。
他の人には出せないような声で歌うことでで、お客さんはきちんとCMを見てくれます。
インパクトがあるので、印象に残るでしょう。
同じように、音域が通常の人より低い人でもいいですね。

低い声でかっこよく歌えば、興味を持ってくれる人が増えます。
誰に歌ってもらうのか決めて、その人の個性を活かせるCMソングが大事です。
せっかく特徴的なCMソングを作ったのに、あまり個性を持っていない人では宣伝効果を発揮できないのでもったいないです。
複数人で歌って、合唱スタイルにするのもいいですね。


この記事をシェアする
TOPへもどる