宣伝効果の高いCMソングの特徴について

CMソングを作って宣伝しよう

効果的なCMソングとは

テンポがいい曲や、逆にゆっくりしている曲は印象に残りやすいです。 宣伝効果を高めるためには、お客さんの印象に残らなければいけません。 普通の曲では、お客さんは興味を持ってくれないでしょう。 インパクトのある、CMソングを作ってください。 声に特徴がある人を使ってもいいですね。

お客さんの印象に残る曲とは

商品の売り上げを高めるために、テレビで宣伝する人がいると思います。
しかし無音では寂しいので、音楽をつけるでしょう。
文字をただ読み上げるのではなく、歌うことでお客さんの心に残りやすくなります。
さらに普通の歌ではなく、印象を与えることが重要です。
スピード感のある曲を使ったり、またはゆったりとした曲調などがいいですね。
また高音に特徴があるCMソングも、お客さんが興味を持ちやすいです。
普通の歌を作る時とは少し異なるので、工夫してください。

お客さんに興味を持ってもらうためには、同じフレーズを繰り返すのもいい方法です。
現に有名なCMソングの多くには、商品やお店の名前を連呼しているものが多いです。
自然と覚えてしまったり、口に出してしまったりするようなCMソングを作りましょう。
インパクトをお客さんに与えることを意識してください。
初めて見た時に、すごいCMソングだと思ってくれれば、宣伝効果が生まれます。

いい曲を作ることも、CMソングを作る時に大事だと言われます。
この曲を聴くと心が癒される、明るくなるというようにポジティブなイメージをもってもらいましょう。
すると商品や、お店のイメージも良くなります。
いい曲でも暗い曲や悲しい曲では、どうしてもイメージが悪くなってしまうので、その商品を購入したいという気持ちにはなりません。
宣伝して、お客さんに商品を買ってもらうことが大きな目的です。
そのためには、明るいイメージを持ってもらいましょう。

同じフレーズを繰り返そう

人気の高いCMソングを聴くと、何度も同じフレーズを繰り返しているものが多いです。 繰り返すことで、そのフレーズがお客さんの脳内に残ります。 お店や商品の名前を連呼すれば、覚えてくれるので宣伝に繋がるでしょう。 大きな宣伝効果を期待しているなら、フレーズを繰り返してください。

明るい曲調のCMソングがおすすめ

CMソングの印象が、商品や企業の印象になります。 暗い曲調では、いいイメージを持たれにくいので気をつけてください。 そんな企業の商品は、購入したいと感じません。 明るい曲調のCMソングを作ってください。 ポジティブな印象を与えると、企業のイメージがよくなります。

TOPへもどる